歯の豆知識

むし歯、歯周病への胎児への影響について!!

秩父市相生町のキッズクラブのある歯医者さん
落合歯科医院副院長 明子先生です😊

むし歯、歯周病の胎児への影響についてお話します。

歯周病になった妊婦さんはそうでない一般の妊婦さんに比べて、早産のリスクが7倍、低体重児を出産するリスクが5倍になるといわれています。

また母子感染によって乳幼児へ虫歯菌が移ってしまうこともあり、
虫歯の多いママの子供は、早くから虫歯になる可能性が高いと言われています。

妊娠期間中からママの虫歯菌を減らすことで、赤ちゃんも虫歯になりにくい体質になります。

妊娠中は普段よりも虫歯になりやすい時期です。
お口の中を清潔で健康にしておくことが、赤ちゃんの歯と健康を守ることでもあります。

生まれてくる赤ちゃんのため、自分のためにも、
しっかりとしたデンタルケアをしていきましょう!!

スクリーンショット 2014-07-28 13.51.42