歯の豆知識

「咬合育成」とは??

笑顔とありがとうがあふれる歯医者さん!!
秩父市相生町落合歯科医院 落合明子です。

今日は「咬合育成」についてお話を致します。

「咬合育成」とは?
歯が生え替わりはじめた頃のお子さんにだけ可能な悪い歯並びの予防の事です。

 

小さなお子様をお持ちのお母さんで、お子様の将来の歯並びが気になっている方は多いのではないでしょうか?

むし歯予防なら、定期的にフッ素塗布を受けたり、砂糖の多い飲食物を控えたり、毎日フッ素を使って歯みがきをするなど、さなざな方法が一般的に知られています。しかし、どうしたらよい歯並びになるか余り知られていません。

「咬合育成」とは、お子様のお口を、乳歯の時から診させていただき、将来歯並びが悪くなる兆候がある場合に早期に発見し、改善するという、お口の正しい育ちを促す、「歯並びの予防」のことです。

 

ただしこうした「歯並びの予防」は、専門的な矯正治療と違い、いつでもできるものではありません。
混合歯列期(乳歯と永久歯が一緒に生えているとき)の初期つまり前歯が生え替わった6〜7歳ごろに開始し、永久歯列の側方の歯が生え替わる前、個人差はありますが小学校高学年までに終了するという、一生に一度だけ可能な、期間限定の予防措置です。

 

当院では咬合育成治療にプレオルソを使用しております。

プレオルソは、ポリウレタンの柔らかい素材でできた上下一体化したマウスピースです。

images

装着した時の不快感が少なく、お子さまも嫌がらずに使うことができます。夜寝るとき、学校から帰ってからの最低1時間使用する装置です。

 

 

プレオルソは、歯並びに悪影響をしている口の周りの筋肉を訓練することで歯を動かす矯正治療なので後戻り、習癖の改善や口腔筋機能療法を同時に行うため、お口周りの環境が整い、矯正後に後戻りする可能性が低い治療法です。

 

★プレオルソ装置の特徴★

●柔らかい素材

装着の際に痛みがほとんどありません。装着感もよく、従来の矯正装置のような臭いも気になりません。また、弾力性があるため、壊れにくい装置です。

●プリフォーム(既製品)

歯型を取る必要がなく、お子さまの負担が少ない。熱を加えることで簡単に調整できます。

症状に合ったマウスピースの形を選ぶことで、さまざまな症例に対応できます。(上顎前突、叢生、過蓋咬合、開咬、反対咬合、被蓋改善)

7b78f5a0d8d5b3b79af050f7e20fe86a1-e1398994287945 20080728125055 muh_img1

 

 

 

 

 

 

rei_14_b3

 

 

 

 

 

 

●簡単に取り外しができる

装置を使うのは、起きている間の1時間と寝ている間です。食事や歯磨きは普段通りしていただけますので、衛生的に使っていただけます。

●既製品なので矯正治療費が安価である。

●親御さんが気にしている口呼吸を鼻呼吸へ促すことができる。

口呼吸を改善することは歯並びだけでなく健康面においても大きなメリットがあります。
お子様の歯並びでお悩みの方はぜひ、落合歯科医院にご相談下さい!!

スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています〜😊

Facebookやっています♪ 良ければ”イイね”や“フォロー”

お願い致します。