歯の豆知識

歯周病は自然に治らない!

みなさんこんにちは❗落合歯科医院、受付・保育士の杉田です(^^)

皆さんが毎日している歯みがきは、歯周病の予防にとってとても重要です❗ただし、歯みがきだけで大丈夫と過信してはいけません❗こまめに歯みがきをしている方でも歯ぐきの溝や、歯と歯の間には必ず磨き残しがあるからです❗

プラーク(細菌のかたまり)が歯ぐきの溝や歯のすき間に毎日少しずつ残り続けると、いつの間にかそこに歯周病菌が棲みつき、炎症が持続的に起きます❗やがて溝は深くなって歯周ポケットができ、そこへプラークが入り込み、歯石もつきます❗その悪循環によって歯周ポケットはさらに深くなり炎症が慢性化。進行した歯周病は決して自然に治ることはありませんので、歯科医院での治療が必要なのです❗

なぜ歯周病は自然に治らないのか…それは、感染症を引き起こしている原因であるプラークが、私達が物を食べて行き続けている限り増え続けるからです❗決してなくなることはありません❗もし丸1日歯みがきをサボったらたちまちお口の中はプラークだらけ😭😭😭歯みがきをしていたって必ず磨き残しがあるのですから😣💦つまり病気の原因は決してゼロにはならない❗原因がお口の中に存在し続けるから炎症も慢性化するのです❗

私達が歯周病菌から逃れる事は生きている限りまず不可能( ̄▽ ̄;)そこで重要になるのが「お口の中の歯周病菌を可能な限り減らす」ということです❗❗

毎日歯みがきをていねいに続け、取り残したプラークと歯石は、定期的に歯科医院で除去することが大切です✨✨

★美味しいごはんを食べた後は

1515153937996

 

 

 

★きちんと歯みがきしましょうね

1515238839279