歯の豆知識

思春期の女性は歯周病に注意❗️🧐


秩父市相生町の「託児のある歯医者さん」落合歯科医院、トリートメントコーディネーターの川村です😊✨

歯周病は妊娠中だけではなく、思春期も注意が必要です❗️

思春期(6歳〜18歳くらい)にも女性ホルモンの分泌が急に増え、歯茎が腫れやすくなります。1C547D82-BE25-430A-8C45-131CC663146C

女性ホルモンの分泌が急激に増えることにより、女性ホルモンを好む歯周病菌が歯ぐきの溝の周りに集まってきて、パクパク😋食べて増殖します。

この時期はとくに❗️ブラッシングを丁寧にするように気をつけましょう❣️

早めに歯科医院でプラークや、歯石を取り、お口のクリーニングを受ければ、2週間ほどですっかり治ることがほとんどです😊✨

じつは❗️女性の場合、思春期や妊娠中にかぎらず、毎月の周期的な女性ホルモンの分泌量の変化で、歯ぐきが腫れやすくなります😫C4F4F344-FA22-4E1E-9B8D-3D65A75769D2

 

 

月経が近づくと女性ホルモンが増え、それと期を同じくして歯が浮くような感じがする😩

歯ぐきに違和感がある、歯磨きをすると血が出やすい、など感じる方がいます。

58C66CD0-3D54-49C1-9EB3-173B72475DF5

 

月経が始まると治ってしまいますが、油断せず、一度歯科医院で診てもらいましょう☺️

女性のお口は男性よりも歯周病になりやすいのです❗️プラークコントロールで日頃から歯周病菌を減らしておくことがとても大切です☺️✨

正しい歯ブラシの仕方を身につけるには❣️

落合歯科医院のプロフェッショナル衛生士の小川名、大島、武藤にお任せください😊✨

丁寧にわかりやすく説明させていただきます♥️F074BEF9-7EB8-477D-B49E-719951A8F3B7

次回は「おなかの赤ちゃんが歯周病菌にいじめられる⁉︎」です❗️落合歯科医院の誰よりも患者様とコミュニケーションの取れる素敵女子✨小川名がお届けします😊♥️