歯の豆知識

おなかの赤ちゃんが歯周病菌にいじめられる⁉️

定期検診をおすすめしている
秩父市相生町の落合歯科医院
歯科衛生士の小川名です☆

女性のお口の健康が、女性ホルモンと
密接な関係があると理解いただけたところで、
妊娠と歯周病について
もう一歩踏み込んでみましょう❗

歯周病菌の出す毒素(エンドトキシン)や、
歯ぐきの炎症部で作られるサイトカイン(炎症物質)
プロスタグランジンなどの物質が血液の中に
流れ込み続けると、子宮の筋膜を刺激し、
ギュッと収縮させてしまうのです😥

胎児が十分に成長すると、妊婦の血液中の
サイトカイン濃度が高くなり、それが出産の
サインとみなされ「さあ、もう外に出しても
大丈夫❗」とスイッチがONになって
子宮の筋膜が収縮するのが本来の出産の
メカニズムです。

しかし、お母さんが歯周病の場合、
歯周病菌の出すエンドトキシンやサイトカイン
(炎症物質)が歯ぐきから体内へと絶え間なく
送り込まれます💦
すると、まだ十分に胎児が育っていない
にもかかわらず、これらの物質の血中濃度が
上昇し、出産のスイッチがONになってしまって
「もう外に出たら?」と赤ちゃんを押して
しまうのです😳
1521204877267

まだまだ落ち着いて大きくなりたいと思って
いるのに、始終筋膜に押されていると、
赤ちゃんは、落ち着いて大きくなることが
できません😣
歯周病は低体重児や早産のリスクである
と考えられています‼️
1521204880818

お母さんご自身のため、そしてなにより
大切な赤ちゃんのためにも、ふだんから
歯周病の予防をしていきましょう✨

次回は
♪恋ダンス♪でお馴染み
星野源ちゃんが大好きな❤️歯科衛生士大島が
「歯周病を退治するには?」について
お伝えします😊