歯の豆知識

歯の痛みはどこからくるの?📚

みなさん、こんにちは!

秩父市相生町にある落合歯科医院

歯科助手の新井です😊

 

「歯の神経が痛みのセンサーだ」ということは、みなさんご存知ですか?⭐️

 

むし歯が進行して悪くなったとき、神経を取って治療をした後もなぜか感じるジワジワとした痛み。

あれは一体、どこからくるのでしょう?

歯や、歯の周りは痛み・違和感を感じるセンサーだらけです。

歯の神経のほかにも沢山あります🌱

 

そこで、下の図を用いて「歯の構造」についてご説明させて頂きます!!!

CE3C283D-AA43-496C-A1AF-9427C09D8674

最初に、

お口の中で目に見える白い部分を「歯冠

お口の中で目に見えない部分を「歯根

に区別することができます。

 

この、「歯冠」と「歯根」の境目の部分のことを「歯頸部」(しけいぶ)といいます💡

 

 

エナメル質

人間の体の組織の中で、一番硬くダイヤモンドよりも硬いと言われています。

歯冠の表面を覆っているので、内部の象牙質や歯髄(歯の神経)を保護し、外部の刺激から守るためにあります。

むし歯は、このエナメル質が侵されることから始まります。

 

象牙質(ぞうげしつ)

エナメル質より、やや柔らかく骨より硬い組織です。

エナメル質に覆われて守られていますが、エナメル質が傷んで穴があくと象牙質への様々な刺激が歯髄(歯の神経)に伝わり痛みが生じます。

 

歯肉(しにく)

歯ぐきのことです。

歯周病など、様々な症状が現れる組織です。

健康的な歯ぐきは、ピンク色や淡い赤色をしています。

 

セメント質

歯根の表面を覆っている、骨と同じくらいの硬さの薄い組織です。

セメント質の内側にある象牙質を保護する役割を担っています。

 

歯髄(歯の神経)

歯の神経のことです。

歯の痛みを感じるのは、主にここです。

歯に起きている異常事態を脳に伝える大切な器官です。

強い炎症や、外傷のショックで神経が死んでしまうこともあります。

 

歯槽骨(しそうこつ)

歯を支えている骨のことです。

主に、歯周病が進行すると歯槽骨や歯根膜は破壊されてしまいます。

歯周病で、一度、歯槽骨を吸収してしまうと回復するのは非常に難しいです。

炎症が起きると、強い痛みが生じます。

 

歯根膜(しこんまく)

歯の周囲を取り囲み、歯と歯槽骨をつなげる役割があります。

噛んだ感触を伝えたり、噛んで痛みや違和感を感じるときは、この歯根膜に炎症が起きています。

 

以上のように、痛みや違和感を感じるのは、歯の神経だけでなく様々な痛みのセンサーがあります。

歯科の病気の多くには、痛みはつきものです。

 

しかし、その痛みの原因や症状は様々で奥が深いです。

 

ほんの少しでも、患者様に歯の構造を知って頂き、当院での歯科治療を安心して受けて頂けたら幸いです😌🌈💓

45A81BE4-DEC0-46CF-89F3-545D05380804

秩父市相生町8-9

落合歯科医院

0494-24-2266