歯の豆知識

プロービングってなに?🌟

埼玉県秩父市相生町、予防のキッズクラブがある歯医者さん!

落合歯科医院、受付の飯塚です😄🌺

今回は、「プロービングってなに?」についてお話しします!😊

 

プロービング(歯周組織検査)は歯周病の治療を行ううえで必要不可欠な検査です。

 

①歯ぐきの状態を調べるための検査です。

歯ぐきがどういう状態なのか、炎症が起こっているのかは、外側から見ただけではわかりません。歯ぐきの内側、つまり歯周ポケット(歯と歯ぐきの間のすきま)の中に直接触れて確かめることで、歯周病がどの程度進んでいるのかを把握します。

E950BAB2-CA61-42B2-96BB-DAAD84764738

 

②プローブという器具を歯周ポケットに入れて、歯ぐきを触ります。

同じ患者さんのお口の中でも、歯の1本1本によって、あるいは同じ歯でも、場所によって歯周病の進行度には違いがみられます(部位特異性)。その違いを確かめるために、歯周ポケットにプローブという器具を入れて、周囲の歯ぐきを丹念に触れて状態を調べます。これがプロービングです。

※プローブの先端は丸みがあり、針で歯ぐきを突き刺しているわけではありません。

2E177C8E-BF39-446B-9FA4-9240073ECBD2

 

③炎症の有無や歯周ポケットの深さ、プラーク・歯石の状態などを見ます。

炎症の有無:炎症が起きている歯ぐきの表面や内側をプローブで触ると、血が出ます。普段の歯磨きでは血が出なくても、プロービングの後にお口をゆすいだ際に血がみられるのは、そのためです。この出血をなくすことが、治療の目標の1つとなります。

プラーク・歯石の状態:プラークや歯石のつき方を確認し、磨き残しの状態や磨き方の癖を確認します。

歯周ポケットの深さ:炎症がどれだけ進んでいるのかがわかります。健康な歯ぐきでは、少ししか器具が入りませんが、歯周病が進んでいると、器具が深いところまで入っていきます。
5EE59B2B-E3A6-46C9-B36B-389711736A17

 

ご質問などありましたら、お気軽にスタッフにお尋ね下さいね😊

 

来週は、「食後30分以内の歯みがきはダメなの?」について、チョコバナナ🍫🍌が好きなトリートメントコーディネーター村越がお伝えします😄✨