歯の豆知識

虫歯予防とフッ素歯磨き✨


子供の予防矯正に力を入れている秩父の歯医者さん😊

落合歯科医院 歯科衛生士 武藤です😊

みなさん、歯磨きしてますよね?
フッ素が入っている歯磨き粉も使っていますか?

食事をした後のお皿は、時間がたつと汚れが落ちにくくなります。ブラッシングも食事をしたらすぐに行いましょう。
また手荒れがひどい人は、お皿を洗った後にハンドクリームを使って手を保護します。それと同じように、むし歯ができやすい人は、フッ化物配合歯磨剤を使ってブラッシングした後は、お口をゆすぐ回数を少なくして、あえてフッ化物をお口の中に残すようにしましょう!
そうすれば、フッ化物が細菌から歯を保護してくれるのです。

詳しく説明すると……。

飲食をすると、糖分がプラークの中に取り込まれ、細菌により分解されます。その際、プラーク内のpHは酸性に傾きますが、その値は飲食後10分程度がもっとも高くなり、その後60分ほどかけて徐々に中和されてききます。
強い酸性になる前に、食後早めにブラッシングをして、細菌の塊であるプラークと、えさとなる糖分「取り除きましょう!
唾液には酸を中和して、歯を守る作用があるのですが、寝ているうちは唾液の分泌量が減りますので、寝る前のブラッシングは重要です。
ブラッシングの際は再石灰化を促進するために、フッ化物配合歯磨剤を使いましょう😊🙌

余裕があれば、ブラッシングとブラッシングの間に、フッ化物洗口をプラスするといいですね!!

 

フッ化物を効果的に使用し、むし歯菌に負けない強い歯を保ちましょう!!

 

当院では高濃度フッ化物塗布も行なっております😊✨

また、フッ素配合の歯磨き粉も豊富に取り扱っております😆

DSC_0018

次回は『高齢者は要注意根面う蝕』についてお肉大好き、アシスタント新井がお送りします😆

 

埼玉県秩父市相生町8-9

落合歯科医院

0494-24-2266