スタッフブログ

お口の豆知識⑦ 歯垢と歯石の違い?

秩父市のフッ素で予防!に力を入れている
落合歯科医院の歯科衛生士はらです[emoji:e-51]
桜も咲き、すっかり春ですね~[emoji:i-267]
みなさまお花見はもう行きましたか?
桜はあっと言う間に散ってしまうので
タイミングが難しいですよね!
さて、今日は…
最近CMなどでもよく耳にする
『歯垢』と『歯石』の違い
について
お話しようと思います[emoji:i-274][emoji:i-274][emoji:i-274]
『歯垢』と『歯石』は
どちらも歯につく汚れですが
その形状は違います。
歯垢とは…?

爪などで歯をひっかくと…
白い汚れのような物がついてきた
経験がある人も多いと思います。
実はこれが歯垢(またはプラーク)
と呼ばれるものです。
歯垢は食べカスではなく
“細菌の塊” なのです!!!
□の中で生まれ、増殖した細菌が
ネバネバした物と一緒に
歯にくっついて出来ます。
なんと!
歯垢1㎎中にはおよそ300種類、
数億~10億個もの細菌が生息しています[emoji:i-240][emoji:i-199]
この歯垢の中に生息する細菌は
食べ物の『糖分』を栄養にして増え続け
ネバネバした物を作り出し
歯の表面に強力に付着するのです。
歯垢は粘着性がある為
□をゆすいだだけでは
取り除くことができません(´-﹏-`;)
歯ブラシで歯を磨かなければ
落とすことはできないのです[emoji:i-199]
歯垢をしっかり落としきれないと
細菌は更に増え、
むし歯や歯周病、□臭などの
原因にもなるのです[emoji:i-183]
歯垢の付着を防ぐには、
飲食後の食べ残しや飲み残しを
お□の中に残さないこと、
お□のケアをしっかり行うことが大切です(*^^*)
歯石とは…?
歯石とは、磨き残した歯垢が
唾液中のミネラルと結びつき
『石』のように固くなったものです。
歯についた歯垢はそのままにすると…
わずか数日で歯石に変化してしまいます????
歯石は 『石』という文字がついている通り
とても硬く、ついてしまうと
歯磨きで取ることはできません。
また、歯石がついたたままにしてしまうと
どんどん硬くなり、
さらに増え続けてしまうのです????????
それだけではなく、歯周病の原因になったり
歯周病を悪化させたりもしてしまいます。
『歯垢』や『歯石』がついているということは
お□の中に細菌も
たくさんいるということなのです????!!!
歯垢や歯石をつけないためには
お家での 『歯みがき』が
何よりも大切です。

ためこむ前に 『予防』が大切になります[emoji:i-190]
でも、日常の歯みがきでは
完璧に歯垢を落とすことは難しいので
どんなに歯みがきを頑張ってる方でも、
歯と歯の間や、見えない歯茎の下などに
歯石は少しずつついてしまいます。
ですので、定期的な検診は
とっても大切になるのです[emoji:v-530][emoji:v-363]
新年度が始まりますので、
お口の中からスッキリして気分も新たに!!
という方は、お待ちしております(*˘︶˘*).。.:*♡