スタッフブログ

入れ歯体験

秩父市相生町、託児とキッズクラブのある元気な歯科医院!落合歯科医院の川村です(^-^)
トリートメントコーディネーターとなり、患者様のお悩みやお話をお聞きし日々思うことですが、安心して治療を受けていただくには患者様の気持ちを理解し、共感することが大切だと感じています。
患者様みなさんに将来の理想の歯の状態はどんなものでしょう?という質問をさせていただくと、多くの方が「自分の歯でいたい」「入れ歯は嫌だ」とおっしゃいます。
現在入れ歯の方は、歯が無くなってはじめて歯の大切さがわかった、入れ歯ではご飯が美味しくない、もっと早く歯医者に来ていれば良かったとおっしゃいます。。
入れ歯はなかなか慣れるのに大変と聞いているので、患者様のお気持ちを理解できるように、実際に体験してみることにしました(^-^)
型どりをし、入れ歯を作っていただいたものがこちらです!


上の歯に装着し、まず思ったのはかなりの違和感[emoji:v-388][emoji:v-356]
オエッとなる嘔吐反射に襲われました´д` ;
大きなプラスチックが上あごにピタッとくっついているので、話をするにも話しにくく「ら行」や「は行」の、発音が非常に難しい[emoji:v-393]
一番大変なのは食事の時です(~_~;)
食べ物を噛むことも難しいのですが、飲み込む時が更に大変!
食べ物を口に運ぶ時には舌が活躍します、舌で口蓋(こうがい)と言われる上あごに押し付けて食べ物をお口の奥に送り出して飲み込みます。
しかし、入れ歯のプラスチックが舌の動きを邪魔して上手く飲み込めません[emoji:v-12]
入れ歯は噛む機能は回復できるかもしれませんが、美味しい食事も友人との会話も楽しくないのだと感じました。
それとともに、歯があることの大切さも感じました。
患者様には今ある歯を大切にケアしていただき、1本でも多くの歯を残していだきだきたいと思います(^o^)
そのために、私たちスタッフも全力でサポートさせていただきます‼️