スタッフブログ

歯周病治療は誤嚥性肺炎の予防にも効果的‼︎


予防歯科に力を入れている歯医者さん

秩父市相生町落合歯科医院 歯科衛生士 武藤です😊

桜が満開ですね✨花より団子🍡という方も多いのでは??😊

今回は「歯周病と誤嚥性肺炎」について書いていきます🙌

お口の中の歯周病菌が深刻なダメージを与える病気に、誤嚥性肺炎があります。この肺炎は、唾液や食べ物が誤って気管から肺へと入ってしまうことで起こります。歯周病菌は、胃の中に入る分にはなんの問題も起きません。しかし、肺に入り込んで炎症を起こすと、時には深刻な症状を引き起こします。

誤って気管にものが入りそうになるとむせが起きます。これは気管にものを入れないように起きる反射で、誤嚥をしないように、からだを守ってくれているのです。ところが、反射の機能は年とともに鈍りがち。気管に入りそうな時に反射が起きないと、知らず知らず歯周病菌も肺へと入り込んでしまいます。高齢者の誤嚥性肺炎は、いのちに関わる切実な問題です。

IMG_0835

誤嚥性肺炎の予防の鍵は、口腔機能を衰えさせないとともに、お口の歯周病菌を減らし清潔を保つこと。日ごろから歯周病を予防し歯周ポケットのなかに歯周病菌を溜め込まないようにしましょう‼︎

歯周ポケットはご自分の歯ブラシでは2ミリまでしかお掃除ができません。

歯科医院で歯周ポケット検査をし、自分の歯周ポケットが何ミリあるのかを把握しましょう!!

そして、歯ブラシでは落とせない歯周ポケット内の歯周病菌除去は私達歯科衛生士にお任せください😊💕

 

秩父市相生町8-9

落合歯科医院

0494-242266