スタッフブログ

歯育ては妊娠期から!

秩父相生町落合歯科医院
副院長 落合明子です★
乳歯はお母さんのお腹のなかでいつ頃
準備されるかご存知ですか?
妊娠2~3ヶ月位には乳歯の種(歯胚)ができ
妊娠4ヶ月位になると歯胚にカルシウムやリンが沈着、石灰化し、エナメル質が形成されます。 そして、
その頃には早くも[emoji:v-364][emoji:v-364]永久歯の歯胚もでき育ち始めます。
妊娠中のお母さんは、生まれてくるあかちゃんのためにも栄養のバランスのを考えて牛乳、小魚などのカルシウムだけではなくたんぱく質やビタミン、ミネラルなどボランスよく摂ることが大切です、そして産まれてくる赤ちゃんに丈夫な歯をプレゼント[emoji:v-25]して下さい。