スタッフブログ

指しゃぶり①

毎週水曜、午前中託児をやっている歯医者さん
落合歯科医院 副院長 落合明子です[emoji:e-68]
赤ちゃんにとって指しゃぶりは、離乳食が食べれるように
なるためのとても大事なトレーニング!!
離乳食がはじまる前から、手や指、おもちゃなど、何でも口に持っていき
形や感触の感覚を養います。
おっぱいや哺乳びん以外のものをお口に入れ、離乳食を進めるために必要な
練習をしていくのです。1歳頃の指しゃぶりはなったく気にする事はありません。
ただし、3歳を過ぎた頃も続いていると、歯が指に押されて出っ歯になったり、
奥歯で咬んでも前歯が閉じないなどの問題が起こることがあります。
また、クセになったものをやめさせるのは大変ですが
決して怒ったり叱ったりせず、親子のスキンシップ
やおしゃべりの時間を増やし、夢中になって遊べるような機会を増やしてあげましょう。
寝る前に指しゃぶりするお子さんは、しゃぶっている方の手をつないだりして防ごうと
すると、かえって嫌がる事もあります。
指しゃぶりをしている時は、指しゃぶりをしてない方の手は、指をしゃぶっている間、いつも
同じことをしています。
髪の毛を引っ張っていたり、パジャマのすそをいじったり
その手に違う事をさせるのが良いと言われます。
しゃぶっていない方の手をお母さんが握ってあげたり、ぬいぐるみを抱っこさせて寝かせる。
やめたいと思っている手ではなく、意識してない方の手をやめさせるのが一つの方法、
一度試してみて下さい。