スタッフブログ

お口のまめ知識 ①唾液の働き

子供達が楽しく通える歯医者さん
落合歯科医院 副院長 落合明子です
唾液にはとても大切な働きがあります
唾液はお口の唾液線から分泌されます。
1日に分泌される量には個人差がありますが、成人で1,000ml~1,5000mlほどにもなります。
唾液はその99%以上は水分ですが、リン酸カルシウム、ナトリウム、カリウムなど歯を石灰化(むし歯の補修)してくれる無機質、消化作用をもつ酵素類、殺菌や免疫に関係するたんぱく質など、さまざま成分を含んでいます
唾液は私たちが生活していくうえで、とても大切な働きをしています
例えば、唾液が分泌されずお口が渇くと、言葉を正確に発することも難しくなります。
また、食物をしっかり噛んで唾液を混ぜ軟らかくすることも出来なくなります。
唾液に含まれる様々な働き、
例えば、歯を再石灰化しむし歯から守る作用(緩衝能)や殺菌作用なども十分に発揮されなくなります。
つまり唾液が正常に分泌されることは、私たちの歯やからだの健康維持にとても重要なのことです。