秩父市のAODインプラント CT相談室 落合歯科医院

マウスピース矯正

「前歯が気になる」
「目立たない矯正がしたい」
「今更矯正なんて遅いかな…」

こんなことで悩んでいませんか。
そんな方にはマウスピース矯正がオススメです。


秩父市の落合歯科のマウスピース矯正は笑顔になった時に見える前歯の範囲に限局したマウスピース矯正です。

こんな歯の悩みを解消します

1、歯並びがでこぼこしている
2、歯と歯の間に隙間がある
3、上の歯が出ている
4、下の歯が出ている
5、前歯の噛み合わせが深い
6、前歯が噛み合わない

メリット

  • 透明なので目立たない
  • 痛みが少ない
  • 取り外しが可能なので衛生的
  • 食生活にも支障がない
  • 幅広い年齢層に対応

落合歯科医院のマウスピース矯正はスターアライン矯正と言います。

次世代型のマウスピース矯正で、透明な樹脂製のマウスピースを用います。従来の矯正法とは違い、ワイヤーやブラケットといった複雑な装置を使用せず、透明なマウスピースを装着するだけ、歯並びを改善することができるものです。食事や歯磨きの際には取り外せますので、治療期間中も非常に快適に過ごすことができます。

部分矯正

歯列全体を矯正するとなると、どうしても費用がかかる、長い治療期間を要するため、二の足を踏んでしまう人も少なくありません。
そこで当医院では、歯列不正の中でも、患者さまが気になっている一部のみをマウスピースを使用して治療する部分矯正を提供しております。無料カウンセリングを実施しておりますので、お気軽ご相談ください。

スターアライナーのメリット

目立たない

従来の金属を用いたブラケット治療とは異なり、透明なプラスティックでできたマウスピースを着用しながら矯正治療を行うため、着用しているかどうかがほとんどわかりません。 人と会う機会が多い方、治療中の見た目を気にされる方にお勧めの治療方法です。

取り外すことができる

従来の矯正治療と異なり、患者様ご自身で着脱することが可能なのがマウスピース矯正の大きな特長です。食事中は取り外していただけるので、装置への食べ物の挟まりを気にすることもなく、美味しく食事を楽しんでいただけます。また、食後は綺麗にブラッシングしていただけるため、いつも口腔内を清潔に保つことができます。

痛みが少ない

金属のブラケットを使用しないため、従来のように唇や口腔内を傷つける心配がありません。金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけます。

治療完了時のゴールイメージが最初に確認できる

従来の矯正治療は、ブラケットとワイヤーを用いて歯を動かしながら、治療のゴールを都度模索していくため、治療が完了するまでゴールをイメージすることができませんでした。 スターアラインでは、口腔内の情報をデータ化し、治療完了時の歯列を3Dシミュレーションするため、治療開始時にゴールイメージを確認することができます。
※あくまでゴールイメージであり、シミュレーション通りに治療が進行することを保証するものではありません。

治療時の注意事項

1.毎日必ず18時間以上の装着をお願い致します。
2.ご飲食の際には必ず装置を外していただき、飲食後歯磨き等のお口のケアを行ってから再度装着してください。
3.アライナーは熱に弱いため、清掃は流水下で洗い専用の洗浄剤を使い清潔に使用してください。
4.破折、紛失した場合はなるべく早めにご連絡ください。

Step1 無料カウンセリング

まずはお気軽に、無料相談をお受けください。

Step2 3Dによるシミュレーション

スターアライの施術を前向きに検討された場合、レントゲン、歯の型取り、口腔内の撮影を行い、3Dシミュレーションを行い治療の期間、費用を算定します。この際の資料づくりの費用として25,000円(税別)がかかります。

Step3 マウスピース装着

1~2週間おきに新しいアライナーを交換、進行状況確認のため3週間~1ヶ月ごとに歯科医師の診察を受けます。治療中はアライナーを18時間以上の装着をお願いします。

Step4 保定

アライナー治療終了後の治療効果をそのまま維持していくためには、「StarAgain Retainer」の使用をおすすめします。

診断料 25,000円(税別)
治療費 1~5ステップ  :245,000円(約5ヶ月)
6~10ステップ :455,000円(約9ヶ月)
11~15ステップ :700,000円(約14ヶ月)
16~25ステップ :875,000円(約24ヶ月)
StarAgain Retainer:片顎18,000円(各税別)

◆以下のようなケースに該当する場合、当院判断により追加費用(再製18,000円、再セットアップ36,000円/1ステップ)をいただくことがございます。
※受診による経過観察を十分に行っていただくようお願いいたします。
①経過観察不足による再製作が続いた場合
 例)歯牙の移動が見られず、同一ステップの再製作が続く場合。
②患者様の管理不備による再製が続いた場合
 例)アライナーの紛失、不注意による破折などで再製作が続く場合。
③強度のブラキシズムなど、当院が把握できない患者様の個体差により、歯牙の移動が困難な場合。