歯の豆知識

効果的なキシリトールの食べ方

小児矯正(プレオルソ)のできる歯医者さん

秩父市相生町 落合歯科医院です。

今日は・・・・キシリトールの効果的な食べ方と

キシリトールガムの正しい選び方についてお話を致します。

★どれだけの量をどのくらいを摂取し続けると効果がでるのか?
1日の合計量として5〜10gを、3〜4回以上の回数に分けて摂取すると齲蝕予防効果を期待できます。
歯科専用キシリトールガムの場合1日4回以上をおすすめします!!

↓   ↓

IMG_0547

 

 

 

 

 

 

 

 

天然の成分ですので薬品のような即効性の効果はありませんが、2週間目ころから
むし歯の原因菌数の減少が始まり、さらにローリスクのレベルまで達成するいは少なくとも約3ヶ月を要します。その効果を有効に持続させるには1〜2年の摂取が必要とされます。

虫歯予防としてキシリトールを使うときの注意点が3つ
キシリトールの含有率が50%以上あること
キシリトールの含有率はキシリトール(g)÷炭水化物(g)×100 で計算出来ます。
ちなみにこのロッテキシリトールガムでは、7.4g÷16.5g×100=44.8%です。
※炭水化物とキシリトールの分量が限りなく近いものを選ぶのもポイントです!!

↓  ↓

IMG_0548

キシリトール含有率50%は虫歯予防効果の最低ラインで、出来れば90%以上欲しいです。
ちなみに歯科医院専売品は100%です。

② 糖類が0gであること
いくらキシリトール入りでも、虫歯菌のエサである糖類が入っていては非常に残念😭
糖類0gならOKです。 キシリトール以外の甘味料としてはソルビトール・マルチトールのようなものがよいです。一般的に○○トールという甘味料はキシリトールと同じ糖アルコール類で、 似たような構造をしており、虫歯にならないことが特徴です。

③ 酸性物を含まないこと
それ自体が酸性である、クエン酸や果汁入りなどのものは避けるとよいでしょう。その酸性度にもよりますが、脱灰の危険性がないとは言えないからです。

☝️おまけ!!!

市販のものと歯科専売品はどう違うのか?

市販のロッテ・キシリトールガムは特定保健用食品表示(虫歯予防目的)として
摂取量:1回に2粒を5分噛み、1日7回を目安にと挙げています。
14粒入りですから、1日に1本噛んでください、ということになります。 これ、本格的に虫歯予防の為に継続して使おうとしたら、結構負担💦!!

では、歯科医院専売品はというと…?

虫歯予防としてキシリトールを使う場合は、キシリトール量として、1日5g以上摂取する必要があります。 歯科医院専売品のキシリトールガムは、
キシリトール100%✨です。
混ぜ物が一切ないため、1日4粒咬むと、 虫歯予防に必要なキシリトールを摂取することができます。

また、硬さも市販品の約2倍あります。

キシリトールの甘みはすぐなくなってしまいますが、15~20分は咬み続けましょう。長い時間歯の表面に触れるとともに、だ液がたくさん出てきて虫歯予防の効果が高まります。
歯科医院専売のキシリトールガムを朝、昼、晩、寝る前の歯磨き後に20分咬む
これが、最も効果的なキシリトールガムの利用法だと思います。

妊婦さんもキシリトールを摂っても大丈夫?
もちろん安全です。特に産後、乳幼児へのむし歯菌の感染が抑えられると言われているので、むしろ妊婦さんにとってはもってこいの予防法と言えるかも知れません。子どもからお年寄りももちろんご利用いただけます。

キシリトールガムを噛むと、歯みがきは必要ないの?
歯みがきはきちんとおこなって下さい。
粘着性のあるプラーク(歯垢)をサラサラさせてくれる働きがキシリトールにはあるので、ガムを噛んだ後に歯みがきをすると、プラークを簡単に取り除くことができるようになります。

むし歯はキシリトールを摂取するだけでは防げません!!
毎日のブラッシングをきちんと行う、定期的に歯科を受診してクリーニングをすること、食生活を見直してみて下さい。
そのうえでキシリトールやフッ素を積極的に
取り入れるとより効果的です!!

次回のお話は・・・・・

小児矯正(プレオルソ)についてです!!!